小学生の教育費用ってどのくらいかかるの?



子供のために必要になる教育費ですが、親にとってはいくら必要になるのか気になるところだと思います。 たとえば、子供が小学校に入学し卒業するまでの6年間ではどのくらいの教育費が必要になるのでしょうか。 これは、通う小学校が公立なのか私立なのかでも大きく変わってきます。 公立の方が教育費は安く、私立に通わせるとなると教育費も上がります。

公立の場合、1年間に必要な教育費は35万円前後で、これが6年間ですから総額では210万円ほどが必要になることがわかります。 年間35万円という数字は平均額で、実際には入学直後にあたる1年生の時や、卒業を控えた6年生の時の教育費は高くなりがちで、逆に2年生から5年生の間は比較的教育費も安く済みます。 入学前、卒業前は特にしっかりと必要な費用を用意しておくことが大切になるでしょう。 この点は私立の小学校でも同じです。

では、私立の場合を見てみると、1年間に必要な教育費は130万円前後で、6年間の総額で見ると800万円ほどが必要になります。 公立と比較して大幅に教育費もアップしていることがわかります。 もちろんそれだけ魅力も多いのが私立の学校ですが、教育費の問題をクリアできるかどうかもポイントになってくると言えるでしょう。 やはり1年生の時は特に教育費が高くなっていて、160万円ほどが必要になるとされています。

このデータは文部科学省が平成18年に子供の学費調査をして調べたもので、教育費の中には塾などの学校外教育にかかる費用も含まれています。 そのため小学校に通うだけならもう少し教育費も下がることになります。 ただ、今では小学生のうちから塾に通ったり習い事をしたりすることも珍しくありませんので、この数字が参考になるでしょう。

これだけのお金を用意するのは決して簡単なことではありませんが、子供にしっかりと教育を受けさせるためにも事前にどうやってお金を用意するのかを考え、計画的に貯蓄することが重要です。